高齢者の腰痛

高齢者の腰痛

高齢者の腰痛は、主として老化に伴って起こる変形性脊椎症や脊椎圧迫骨折によって起こります。
ただ、例は少ないですが、中にはこのような腰椎由来ではなく、大動脈解離や尿管結石、悪性の骨腫瘍などから生じる内蔵由来の腰痛があるので単なる腰痛と片付けてしまないような注意が必要になります。

内蔵由来の腰痛は、安静時にも痛みがあったり、痺れもある、進行が速いという特徴があります。
もし、高齢者で鎮痛剤が効きにくかったり、あるいはまったく効かない場合や安静時にも痛みがあり、その痛みが長引く場合は整形外科で早めに念のためのMRI検査を受けることが必要でしょう。

尚、腰椎由来であって痛みがひどく動けないような場合は、硬膜外ブロック注射(局所麻酔薬などを注射し神経を麻痺させ痛みを和らげる。自然治癒が期待できる方法)が効果的なので検討をすると良いでしょう。

大事なことは、痛みが引いてきたら、再発防止のために、可能な範囲で身体を動かし、筋肉を鍛えることが大切です。
また、高齢者は骨が弱っているでしょうから、カルシウムの摂取やビタミンD、日光浴も積極的に行うことが必要です。
尚、先にも述べたように、痛みの他に、痺れ、麻痺があるときは他の病気など重篤な疾患が隠れている可能性があるので早期の病院での受診をお勧めします。