整体のいろいろな技術について その①

整体のいろいろな技術について その①

整体は基本部分は同じですが、いろいろな特徴を持った手法がたくさんあります。

1)指針整体
指針整体とは、東洋医学に基づいて全身にある経路、ツボを鍼の代わりに指を用いて、力を使わずに指で刺激を与え、血液の流れを改善し、全身に酸素、栄養分を行きわたらせるように行う手法です。

指針整体では、肩、首、腰などの局部的な痛みに対するというよりは全身の筋肉疲労による身体の不調を取り除き、整える効果があります。
これによって身体の自然治癒力を高めます。
したがって、施術では痛みもほとんど感じることはありません。
指先だけでなく、手全体、ひじを使って交感神経、副交感神経に刺激を与え、血流を促進することも行われます。
整体や強いマッサージ、鍼灸などが苦手な人、全身の疲労を取りたい人には最適な整体テクニックと言えます。

2)タイ式マッサージ・整体
タイ式マッサージ法とは、主に指や、拳で身体に圧をかけたり、ストレッチをさせたり、骨の矯正などを行います。
その目的は、リンパや血液の循環を索促進させ、人間が本来が持っている自然治癒能力を高めることです。
単純に言葉からのイメージでは痛そうなマッサージと思われますが、身体には優しいマッサージ・整体です。

コリやリンパの流れを良くするには時間がかかりますが、タイ式マッサージ・整体では、薬草スチームサウナに入って、体全体を温めた後、施術が行われるので、より短い時間で高い効果が得られます。
また、タイ式マッサージ・整体では毛細血管などを傷つけるような施術ではないので、よく言われている「揉み返し」などは一切生じません。
また、リラクゼーション効果も得られます。
優しい施術が好きな人、心身ともリラックスしたい人に向いています。

3)バランス整体
バランス整体とは、骨格矯正の要である「仙骨」を中心に調整することで、人間の持っている自然治癒能力を最大限に引き出そうという施術法です。
骨格矯正と言っても、ポキポキ音を出さない優しい施術法なので、小さなお子さんから骨粗しょう症を患っている人、妊婦までも施術を受けることができます。

バランス整体には、一般医療整体、小児整体、マタニティ整体、ストレス解消整体(ストレスシャットアウト整体)などに細分化されていることもあります。

バランス整体では、乳幼児の治療に対しては、原則、母親の身体を借りて子供の身体に触れることなく治療するという方法が取られる面白い、不思議なテクニックも用いられます。