体幹トレーニングで重要なインナーマッスルとは

体幹トレーニングで重要なインナーマッスルとは

インナーマッスルとは、言葉の通り、身体の奥にある筋肉のことです。
そのため、インナーマッスルは、「深層筋」とも呼ばれています。
インナーマッスルに対して、身体の表面にある筋肉はアウターマッスルと呼ばれます。

しかし、このインナーマッスルとアウターマッスルは明確に区分できるものではありません。
そもそも筋肉は、何層にもなって身体を覆っているからです。
そしてインナーマッスルの主な働きは、姿勢を調節したり、関節の位置を正常に保つことです。
アウターマッスルは、大きな力を要する運動などをするときに働きます。
主にスポーツジムで行うベンチプレスなどの運動は、アウターマッスルを鍛える運動です。

なぜ、インナーマッスルが重要かと言うと、最近でこそ、ホンダのアシモのようなロボットが人間の動きに近い滑らかな動きをしますが、それでも、まだかなりかけ離れています。
一昔前になると、もっと、ぎこちない動きしかできませんでした。
人間もインナーマッスルがないと同じような動きしかできないことになります。
インナーマッスルが、人間らしい複雑で繊細な動きを制御を支えています。

微妙な動きができるように骨と骨との間にはクッションの働きができるようになっています。
難しいのは、適度な強さで関節などが、繋がっていないとスムーズで微妙な動きができないことです。
インナーマッスルが鍛えられていないと、骨と骨がブラブラ状態になり適切な動きの妨げになり、姿勢の悪化を招きます、
ここに、インナーマッスルを鍛える必要性があります。

尚、余談ですが、筋肉というのは、収縮することで、機能を発揮しています。
伸びることで力を発揮しているわけではありません。
腕を曲げるときは、いわゆる力こぶと言われる筋肉が収縮し、曲げることが実現できています。
逆に、曲げた腕を伸ばすときは、その裏側の筋肉が収縮することで腕を伸ばしています。

筋肉には、負荷を与えると強くなる性質があります。
腕立て伏せ、腹筋運動など、運動を継続することで強くなっていく性質があります。
インナーマッスルも筋肉なのでこの2つの性質は全く同じです。
インナーマッスルは鍛えているという感覚を実感しにくいですが、腹式呼吸などをしっかり継続することで、ちゃんと鍛えることができます。

継続は、力なりです。