コラーゲンペプチドの摂取は効果的との報告

コラーゲンペプチドの摂取は効果的との報告

飲むコラーゲン、食べるコラーゲンなどコラーゲンの栄養剤や食品が大人気です。
特に若い女性には、美肌効果があるとしてコラーゲン鍋なども大流行しています。
また、高齢者にもひざ痛、腰痛を引き起こす関節痛に効果的として人気を呼んでいます。
各業界もブームに便乗して、肌や関節を構成成分となるコラーゲンを摂取するとことで効果がでると、こぞってコラーゲン配合商品を製造・販売し多数の商品が出回っています。

しかし、医療関係者は、食べたり、肌に塗ったりと外部から摂取したり、させようとしても効果が期待できないという態度を取っています。
摂取した場合は、コラーゲンは体内でアミノ酸になりますが、その後、肌や関節を構成する成分にはならないと言うのが一般的な見解です。
また、肌に直接、塗っても体内に入り込むには、分子量が大きすぎて浸透していかないと言われています。
ただし、外部からの刺激をやわらげるとともに、保湿が促されるという効果がコラーゲンには期待できます。

このように医療関係者には、その効果に否定的な見解が大勢ですが、最近になって京都府立大学の研究で経口したときのコラーゲンが、皮膚の線維芽細胞や軟骨細胞に取り込まれているということが判明したそうです。
従来は、コラーゲンを摂取した後、皮膚や軟骨成分になることが確認されていないというのが定説でした。
まだ、完全という発見ではないようですが、構成成分になっている可能性が示唆されたということです。

他方、腰痛に関しても、大阪市立大学の研究で歩行機能改善の傾向が確認できたということが報告されて、決して外部からの摂取が、全く効果がないとは断定できない報告が複数でてきています。
ただし、ひざ痛に関しては、改善傾向はみられていません。

ヒアルロン酸やコンドロイチンに関しても同じような議論があります。
こちらも、もしかしたら外部から摂取しても良い結果があるという報告が、これから出てくる可能性があるかもしれません。