骨のゆがみの原因

骨のゆがみの原因

骨が歪む原因は、ストレス、食事、電磁波、かみ合わせ、事故の5つに大きくは分けられると言います。
最後の2つは、物理的なことなので、理解できますが、前3つは重金属の食事という訳ではないので食事を含めて、ストレス、電磁波が骨の歪む原因とは容易に信じられません。
この5つを知って、その原因にあった治療を受けることが重要になります。

事故は、単純明快で衝撃が加わることで、関節が歪むことがあります。

かみ合わせは、放置すると、まず頭がい骨に歪みが生じ、そこから骨盤、背骨の歪みに発展していきます。

ストレスは、かみ合わせと本質的には同じと考えられます。人間は、ストレスを感じると奥歯を噛みしめるようで、その状態が長く続くとあご、頭がい骨の関節を歪めるだけでなく、首、肩、そして、筋肉がアンバランスになって腰痛を引き起こします。

食事は、食事の内容以外にも、食事を取る時に片噛みをしたり、頬杖を付くなどをすることで顎が横方向にずれ、首、肩の筋肉が緊張し骨盤まで歪んでいくと考えられます。
また、かたよった食生活で内臓のバランスが崩れると、それが骨を歪ませることにもつながると考えられています。

電磁波が原因という理由はあまり明確に説明されている文献は見当たりませんが、携帯電話が普及するまでは、ほとんど見られなかった、電磁波による身体、骨の歪みが多くなったということから、原因説となっているようです。
ただ、歪みの原因が電磁波であるという判断をどのようにして、増加しているという結論を得ているのかは不明です。