椎間板ってなに?

椎間板ってなに?

「椎間板ヘルニア」はよく聞くけど、そもそも「椎間板」って一体なんでしょうか?

背骨=脊柱は、頚部から下方にかけて「椎骨」というブロックのような骨の積み重ねでできています。それぞれの椎骨の間には、「椎間板」という軟骨のような組織があり、「じん帯」という強い組織で連結しています。

その中にある「椎間板」は、脊柱を左右に曲げる動きをなめらかにしたり、体重や地面からのショックを吸収する役目を果たしています。

「椎間板」は、柔らかくてみずみずしい「髄核」が中心に構成していて、その周囲を「線維輪」という軟骨のような丈夫な組織が何重にもなって包んでいます。正常な状態の椎間板は、髄核がプルプルとしたゼリーのようなもので弾力があり、椎間板に圧力がかかると、髄核と繊維輪が衝撃を等分にして支えます。しかし、老化現象を始めとした退行変性により、髄核の水分が少なくなって弾力性がなくなると、線維輪に余分な負荷がかかり、椎間板は強さを失い、つぶれてしまうのです。

ちなみに、椎間板に最も負荷の掛からない姿勢は「仰向けに寝た状態」です。逆に椎間板に最も負荷の掛かる姿勢は「座った状態で荷物を持ち、体を曲げる状態」です。例えば、椅子などに腰を掛けたまま床のものを拾うようなときです。