椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

私たちの背骨は椎骨というブロックのような骨が積み上がってできています。この椎骨の間に椎間板という軟骨のような組織があり、じん帯という組織で強く連結されています。椎間板は背骨のクッションの役割をしていて、地面に飛び降りた時の衝撃を吸収したり、背骨を左右に曲げたり、ひねったりできるのも椎間板のおかげなのです。

ヘルニアとは医学的には、体内の臓器や構造が、本来の場所から脱出した状態をいいます。椎間板ヘルニアは、椎間板の中心となる「髄核」をつつんでいる「繊維輪」という組織が破れて、そこから髄核がはみ出してしまった状態をいいます。

原因は、老化によってゼリー状である髄核の水分が少なくなり繊維輪が変形してなる場合と、激しい運動による強い衝撃で椎間板が潰れてしまう場合が挙げられます。

強い炎症が起こると、腰部や下肢に激しい痛みやしびれが伴います。椎間板ヘルニアは、首から腰までのどの箇所にも発生する可能性がありますが、ほとんどは腰部で発症します。

椎間板は縦の動きには強いのですが、曲げたり、ねじったりと、左右の動きには弱い性質をもっているので、体をひねる、引っ張る、長時間の座り仕事などの動作には十分な注意が必要です。