背骨の構造について

背骨の構造について

腰痛をより理解するために、体の仕組みについてよく理解する必要があります。ここでは背骨=脊柱について解説します。背骨は、われわれ人間を含む脊椎動物の体を支える骨組みです。人間の場合、頭蓋骨に続き、32~34の椎骨が連結しています。(尾骨については個人差がありますので、総数に違いがでます。)

他の哺乳動物の脊柱は1つのわん曲で成っています。一方、二足歩行を行う人間は、立ったり座ったり捻ったりとさまざまな動きをするので、動きに対する力を分散させるように、S字状のわん曲になっています。

脊柱は、上から順に「頸椎」「胸椎」「腰椎」「仙椎」「尾椎」という部位から成っています。それぞれの部位の骨の数は、頸椎は7本、胸椎は12本、腰椎は5本、仙椎は5本、尾椎は個人差があり3~5本です。

胸椎、仙椎、尾椎にはほとんど動きはなく、脊椎の運動はほとんど頸椎と腰椎で行われます。腰椎部の中で最も動くのが5本あるうちで骨盤に近い第4、5腰椎です。最も機能性が高い頸椎と腰椎ですが、老化現象が起こりやすく、姿勢が悪いと凝りが生じてしまう弊害があります。