冷えは腰痛の原因になる

冷えは腰痛の原因になる

冬の寒い時期に寒風が当たると、体が硬くこわばったように感じたことはありませんか?

これはそう感じるだけでなく、実際に筋肉が硬直しているのです。筋肉は細かい筋繊維の集まりで、この中に血管が通っています。筋肉は寒さや体の冷えを受けて硬く縮こまり血管を圧迫します。すると血行が悪くなり、乳酸などの疲労物質を血液によって排除することが困難になってきます。よって、ますます筋肉が硬直して、痛みを引き起こしてしまうのです。つまり、寒い時期は、痛みを和らげるためには患部を冷やさないことが大切です。特に足腰をしっかり保温するようにしてください。また、慢性の腰痛ではない方も、寒く筋肉が硬直すする時期には、急性的な「ぎっくり腰」になりやすいので注意が必要です。

保温するといっても、やたらに厚着すると動きにくくなるだけです。重ね着するのではなく、薄手で保温性の高い下着、ソックス、サポーター、スポーツ用タイツを着用することをお薦めします。コルセットは腰にかかる負荷を軽減させるだけでなく、保温効果もあるので、寒い時期には適した装備品といえるでしょう。使い捨てカイロをインナーの上から腰の位置に貼るのもお薦めです。