筋肉を鍛えていても、腰痛にはなる

筋肉を鍛えていても、腰痛にはなる

腰痛の予防では筋肉トレーニングが大きな効果を持つと言われています。それは事実であり筋肉の筋力低下によって腰痛が起こってしまうこともあります。しかし筋肉を鍛えれば腰痛にならないということではないので注意が必要です。筋肉を鍛えることによって体が強くなりますが、同時に自分の精神的な部分でもより強いトレーニングを求めてしまう部分があります。そのため筋肉トレーニングに慣れれば慣れるほど無理をしたトレーニングをしてしまいがちになります。そうなってしまうと、当然体に無理がかかり、鍛えたために腰を痛めてしまったなんてことにもなりかねません。筋肉トレーニングをしないということも治療になることは知っておくと良いでしょう。適切で適度な頻度でのトレーニングを長期的に行なう事がベストであることが多いです。出来ればバランスよく鍛えられるように意識していきたいところです。

簡単なトレーニングほど、腰には良い効果があることもあります。