腰痛とは

腰痛とは

腰痛とは病名ではなく、色々な原因によって起きる腰の痛みの総称です。

人が2足歩行をするようになって腰への負担が増加し、誰でもが腰痛になる原因を抱えていて、生涯のうちで約 80% の人が腰痛を患うといいます。

腰痛といっても多種多様で、痛みも腰部の鈍痛、放散痛、電撃痛など、また腰を動かしたときの痛みや安静時の痛みなどさまざまです。

部位的には、坐骨神経痛といわれる殿部痛、大腿部痛、下肢痛を伴うこともあります。
多くは、何かの原因で筋肉・椎間板・椎間関節に生じた問題が、複雑に絡み合いながら発症し、徐々に慢性化してきます。

腰椎やその周辺に異常が発生し、神経が刺激されて生ずる痛みが腰痛や坐骨神経痛です。
また、近年では環境の影響で増加するストレスに起因している場合もあります

自律神経やホルモン、内臓や心因的な影響が重なった腰痛も目立つようになってきました。
職場などでストレスを感じている女性の場合、生理に伴う腰痛を発症することがあります。
このような傾向からも、腰痛は複雑な社会的要因が絡んだ現代病だとも考えられています。