臀筋を鍛える

臀筋を鍛える

臀筋は腰を支える土台となっている筋肉です。腹筋をサポートしながら骨盤を後ろに引っ張り、骨盤の前弯を緩和させる役目を担っています。

また、臀筋には柔軟性が必要です。ハムストリング、ふくらはぎ、臀筋の伸縮がうまくできないと、イスから立ち上がるときなどに骨盤が自然に前傾しないために腰椎が過剰に丸まり、背中の筋肉や椎間板に多大な負担をかけます。なので、臀筋を鍛えることは腰痛を予防し、痛みを和らげるために重要になるわけです。

紹介する臀筋トレーニングをすることによって、筋肉がつき股関節が安定してくるので、腰椎への負担を軽減できます。

【臀筋に効くトレーニング】

①ヒザを軽く曲げて床の上に横たわる。上になるほうの足を伸ばして、ゆっくり上げてからゆっくり下す。臀筋の動きを感じながら左右10回ずつ行ってください。

②上になっている足のヒザを曲げて、ヒザを上に立てるように太モモの内側を開く。骨盤が後ろに落ちないように、ゆっくりと開閉する動作を左右10回ずつ行う。