腰痛に関係するパターン

腰痛に関係するパターン

腰痛には幾つかのパターンがあり、また人の数だけ異なる「腰痛」が存在しているといわれています

腰痛に関係する原因で
・どのようにして腰を痛めたか
・腰周辺の筋肉・骨格はどのような状態か
などは個々によって違います。

これらの「個人特有」ともいうべき事柄を明確に把握し、医師に正確に申告し、「治すべき対象」となる「腰痛」の因果関係を見抜き、自分の状態にふさわしい治療法を考えてもらわねばなりません。

漠然と「腰痛」という非常に幅の広い捉え方をしていては、自分の状態にふさわしい治療法に辿り着くことはできないはずです。
まずは自分自身の腰痛のタイプをしっかり分析してみましょう。

筋肉が原因

特定の筋肉を使いすぎる為に、限定的な筋肉の疲労のみが激しくなり、結果的には機能不全に陥ります。

これは一昔前までは非常に多かった疲労による故障で、年配者に多い症状でした。
疲労度が高過ぎる為に筋肉の回復が追い付かず機能不全を起こすのです。
近年ではこのタイプの腰痛はやはりスポーツ選手によくみられるもので、多くは慢性化していきます。

慢性化すると場合によっては、スポーツ選手の方などが「腰に爆弾を抱えている」というような発言をしますが、まさに最悪の「腰痛」へと発展してしまうケースも少なくはないようです。

歪んだ姿勢が原因

現代社会において特に増えてきている腰痛の原因です。
学校や仕事での座りっぱなし、車の運転で座りっぱなしなど、現代社会はとにかく「座りっぱなし」が多い社会となっています。
また、テレビゲームの長時間の遊戯なども含め、「固定的」な姿勢で長時間過ごす事が多く、こうした負担の積み重ねが徐々に身体を歪めていきます。

このタイプの場合は、筋肉を使いすぎて疲労困憊の状態になったのではなく、筋肉を使わないがゆえに筋力が衰えてしまうという状態です。

従って、筋肉自体には余り疲労は蓄積していませんが、特定部位の筋肉はやっぱり疲労が残っている場合が多いようです。
勿論、このタイプの腰痛を克服するには、やはり「運動不足の解消」が重要です。

ラジオ体操はとても優れた腰痛予防の運動です。仕事の合間をぬって、僅かでも構いませんので簡単に運動をしましょう。

運動不足の状態で急激な運動をした為に腰痛になってしまうパターンもあり、これは特に若年層の男性に多くみられます。
準備運動をしっかりしてから運動をするようにして下さい。

ストレスが原因

現代社会において、複雑な人間関係を強いられる状況下で増えてきている腰痛です。
 この場合、特に問題になるのは「自律神経」による気付きにくい筋肉の過緊張です。
精神的にストレスがあれば背中の肩甲骨の間あたりが硬直します。それが自律神経に影響してまたストレスになり、肩こりや腰痛を引き起こす場合があるのです。

自律神経が常に緊張をしている状態で夜も安眠できず、筋肉も常に微妙な緊張状態にあるため、全く休むことがでず、過緊張によって凝り固まった筋肉が腰痛を招く、といった流れになります。

このタイプの腰痛を克服するには、やはり気持ちを整理し穏やかになることが必須です。
心の中にどんよりと溜まってしまっているものをしっかりと吐き出しましょう。
そうすれば自律神経の緊張が解きほぐされ、筋肉も微妙な緊張状態を脱することができます。

大きな深呼吸をする、定期的に外の空気を吸う、花を眺める、といったほんの少しの気分転換だけでもとても有効です。
心に潜在するトラウマを解消することで肩こり腰痛が緩和す事例もあるのです。

このストレスが原因の腰痛で悩まれている場合は、一人で抱え込まないようにしましょう。必ず誰かに話を聞いてもらいストレスを発散させてください。
必ず克服する事ができますので、慌てず、焦らず、着実に向き合うようにしましょう。
精神と肉体は切り離せない関係なのです。