腰痛を、起こしている部位によって分類すると

腰痛を、起こしている部位によって分類すると

腰痛と一言でいっても痛む部位や、どのような動作をした時に痛むのかなどによって痛みの原因(腰痛の原因となっている疾患名)は様々です。
腰痛は、漠然と腰の周囲の痛みの事をいいますが、腰痛の種類にもさまざまなタイプがあり、対処法も腰痛の種類、原因によって違ってきます。

腰痛の種類の分け方で整形外科的には、椎間板ヘルニア、椎間板症、分離症などのように、腰痛を起こしている部位によって分類する方法があります。
その他、発症からの経過時期によって急性と慢性に分ける方法、痛みの種類による分け方や、動きによる分け方もあります。

腰痛を起こしている部位によって整形外科的に分類すると、下記のようになります

椎間板ヘルニア
椎間板の繊維輪(周辺の硬い部分)に亀裂が生じ、髄核(中心部分)が繊維輪を破って飛び出し神経などを圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こすものです。

椎間板症
脊椎の老化現象の一種で、体を支えている脊椎の変形により、さまざまな症状があらわれる病気です。
加齢によって椎間板が水分を失い、軽度に変形・変性している状態をいいます。

腰椎分離症
腰椎の椎間板のついている前方部分は椎体、後方の椎間関節のついている部分は椎弓と呼ばれ、椎体と椎弓の間には椎弓根があります。椎弓の部分が疲労骨折により骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態をといいます。

腰椎分離すべり症
腰椎分離症のなかで、後方部分の支持性がないため椎体が前方にずれてくるものを「分離すべり症」いいます。
すべり症は脊椎同士がずれた状態を指しますが、椎間板の老化による不安定性が原因でずれたものを「変性すべり症」といいます。

筋・筋膜性腰痛
主にスポーツ活動によって起こる腰の筋膜や筋肉の損傷、または過度の疲労が原因で痛みを発している状態をいいます。

脊柱管狭窄症
椎間関節の骨棘が脊柱管を狭くし、脊柱管の中の馬尾神経を圧迫し、症状があらわれます。

変性側弯症
高齢者で変形性脊椎症が原因で、腰椎柱が左右どちらかに傾いてしまった状態をいいます。

その他、腰椎の圧迫骨折などがあります。

これらの症状は、自己流の体操やストレッチなどで対処できる状態ではありません。
酷い痛みが続くのであれば早急に専門医の診療が必要になります。
専門医においては、X線やMRIなどで画像診断されます。