腰痛の様々な症状

腰痛の様々な症状

一口に「腰痛」といっても、いろんな症状があり、いろんな原因が考えられます。どこが、どんな風に痛いのか、発症している症状と照らし合わせて、どの腰痛のタイプなのか判断してください。

【タイプ1】

・急に腰痛が起きて動けなくなった。

・ギクッときたとたん痛みで動けなくなった。

・痛いのは腰のみで、足の痛みはない。

痛いのが腰だけであれば、まず考えられるのが「ぎっくり腰」などの急性優通です。多くの場合は、数日で症状は軽くなります。ただ、こうした急性腰痛を何度も繰り返すときは「椎間板ヘルニア」なども疑われます。

【タイプ2】

・前かがみになると腰からお尻が痛み、片方の脚にも電気が走るような痛みが生じる。

・脚にも痛みやしびれがあり、もつれる感じがする。

・せきやくしゃみをすると、腰から脚に痛みが響く。

腰痛に加えて、脚の痛みや痺れが生じるのは、「椎間板ヘルニア」の典型的な症状です。また、「脊椎すべり症」「変性側弯症」などでもこうした症状が生じることがあります。

【タイプ3】

・いつも腰が重くて、同じ姿勢がつらい。

・ずっと座っていたりずっと立っているより、動いていた方が楽。

・朝起きたときや動き始めるときが特に痛い。動いているうちに楽になってくる。

「腰椎症」に多い症状です。朝起きたときに腰痛になるのは、敷き布団やベットが柔らかすぎることが原因として考えられます。

【タイプ4】

・慢性の腰痛があり、背中が丸くなっている。

・背中が丸くなって以前より背が低くなった。

・背中や腰が重く感じられ、年々痛みが強くなっている。

「骨粗鬆症」で徐々に背骨がつぶれるような圧迫骨折が起こると、腰痛と共に姿勢が悪くなります。急激につぶれると、急性腰部痛で動けなくなることもあります。

【タイプ5】

・腰を伸ばすのが辛く、反り返りができない。

・逆に前かがみになると痛みが軽減する。

・歩行中に脚がしびれてきて、歩行できなくなる。

「脊柱管狭窄症」になると、歩いていると症状がひどくなり、歩き続けるのが困難になりますが、前かがみになると楽になるのが特徴です。また、「脊椎分離症・すべり症」になると、多くの場合反り返ると腰に痛みが増します。

【タイプ6】

・どんな姿勢をとろうが腰の痛みが軽くならない。

・寝ていても痛く、楽になる姿勢がない。

・常に腰に痛みが伴い、次第に痛みが強くなってくる。

「脊椎腫瘍」やがんの骨転移も考える必要もあります。発熱を伴う場合は「化膿性脊椎炎」「結核性脊椎炎」の可能性もあります。また、痛みと動作が関連性がない腰痛は「心因性腰痛」の疑いもあります。