女性ホルモンと腰痛の関係

女性ホルモンと腰痛の関係

女性は女性ホルモンの関係で、どうしても男性のように筋肉質になれず、脊椎や骨盤の靭帯もゆるみやすくなります。

その上、閉経後には骨からカルシウムが出て骨がもろくなる骨粗鬆症なりやすいために、男性に比較すると腰痛になりやくなります。

そもそも脊椎は、それをとり巻いている腹筋と背筋で支えられています。
腹筋も、重い物を持ち上げるときにおなかに力を入れることによって中の圧力を上げて、脊椎をサポートしています。
その腹筋が薄く力が乏しければ、腹圧を上げることはできません。 

腹筋が弱いと、脊椎に多くの負担がかかってしまい、自分の上半身の重みでさえも支えきれなくなるかもわかりません。

女性は、生理の始まる10代からすでに、脊椎をサポートするうえでの重要な筋肉ができにくくなるという、厳しい現実が始まってしまいます。

生理や出産の際には、女性ホルモンが分泌されます。
この女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)ともう一つは、プロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類があります。
これらの女性ホルモンには、生理や出産の際に骨盤周りの靭帯を緩めてしまう作用がありますので、女性は男性よりも元々骨盤が不安定で腰痛になりやすいのです。

女性ホルモンの一つに卵巣ホルモンの一種「リラキシン」というものがあります。
リラキシンは月経前と妊娠3ヶ月~産後数日の間だけ分泌されます。
「リラキシン」の作用で関節の支持組織である、靱帯と筋肉・腱などが緩むと、関節の動く範囲が過剰になり、筋肉・腱・関節へのストレスが大きくなります。
特に妊娠はお腹が大きくなり、腰への負担が大きくなっています。
「リラキシン」の影響で筋肉や関節に普段以上の負担が加わることが、妊娠中の腰痛の大きな原因となります

男性は多くが中年以降に腰痛が起こる事が多いのですが、女性はもっと早い時期から腰痛で悩むことになります。
男性にくらべて腰はすぐに疲れ、慢性的な腰痛を起こし、ぎっくり腰にもなりやすいといえます。 
また、ハイヒールをはいて歩くと、体はそり気味になり、腰痛を起こしやすい不良姿勢となります。