椅子を利用するとだいぶ楽になる

椅子を利用するとだいぶ楽になる

腰の運動をするときには寝て行なう場合と立って行なう場合が多いです。しかし椅子を利用したストレッチというのもあります。椅子に座った状態が長時間続くような人は椅子でのストレッチを有効活用した方が腰痛の予防につながりやすいと言えるかもしれません。通常の座り方で腰を大きく曲げて、床のものを取ろうとするのは良くない運動になってしまいがちですが、脚をしっかりと開き、足と足の間に体を入れるようにして大きく曲げていくと腰痛予防の良い運動になっていきます。当然足は曲げた状態で良く、また無理をしないことは大切です。少し人前で見せれる姿ではなくなってしまいますが、ちょっとした休憩時や人があまりいない場所で行なっておく分には何も問題はないと言えるでしょう。

気付いた時にすぐ行なう事ができるので、腰痛予防に大きな効果を持ってくるといえます。

物を取るふりをして少しストレッチしてしまうのもよい手段と言えるのではないでしょうか。