急激な痛みなどでない限り温めた方がよい場合が多い

急激な痛みなどでない限り温めた方がよい場合が多い

打撲や関節の痛みが生じてしまうと、痛みをとるために冷やそうと考える人がいるかもしれません。これは緊急手段としてはよいかも知れませんが、常に冷やすしておくことはあまり良くないことが多いです。逆に患部に良くない影響を与えてしまうことが多いと言えるでしょう。あまりにも痛い場合であればしょうがない部分もありますが、急激な痛みでない場合、慢性的な腰痛では温めたほうが効果的な場合が多いです。血流などの影響が大きく関係していると言えるでしょう。何でも冷やせば良いと思っているのは少し危険なのでやめておいた方が良いです。一番良いのは専門家に対処方法を聞いておくことです。専門家であればその症状に一番適切な対処方法を教えてくれることでしょう。

炎症などがある場合はまた話しが違ってくることも当然あります。同じような痛みでも対処方法が全く正反対になってしまうことは医療の世界では決して珍しいことではないと言えるでしょう。