腰を冷やさない工夫

腰を冷やさない工夫

冷えは腰痛を悪化させるので、腰痛がある人はできるだけ腰を冷やさないようにすることが大切になってきます。

【腰を冷やさない工夫】

①冷房に備える

夏は冷房の効きすぎに注意し、職場が冷えすぎているなら対応策が必要です。職場の冷房はスーツを着た男性に合わせた温度設定になっていることが多いので、軽装の女性は特に冷えに対する備えが必要です。スカーフ、カーディガン、ソックス、ひざ掛けなどを用意するのもいいでしょう。

②冬場の防寒対策

冬でも室内は暖房が効いているので、むやみに厚着をすると、かえって汗をかいて冷えるということにもなりかねません。基本的な服装は、上半身は比較的薄着にして、下半身を重点的に温かくしたほうが効果的です。腹巻、シャツ、スパッツなどの下着や小物を上手に利用して、保温をはかるといいでしょう。

③積極的に温める

温めることは、腰痛の基本的な治療法及び予防策でもあります。最も簡単で効果的に温める方法はお風呂に入ることです。体を心から温めるには、38~40くらいのぬるめのお湯が適しています。熱いお湯だと末梢血管が収縮して血行が悪くなり、一時的に体温が上がっても湯冷めしやすいです。また、日中に冷えを感じるようなときには、カイロを利用すれば手軽に温めることができます。