腰痛の治療「オステオパシー」

腰痛の治療「オステオパシー」

腰痛の治療としてオステオパシーが用いられることがあります。

オステオパシーはアメリカ生まれの代表的な手技療法で、起源はカイロプラクティックよりも更に古く、実は手技療法では最古といえるかもしれません。

今、日本では沢山のオステオパシー団体があるもの、実はまだ日本社会に根付いているとはいえない治療法なのです。しかし、その治療効果ははっきりとしており、非常に優れた手技療法という事ができます。

アメリカを含む多くの西洋諸国では、オステオパシーの施術者はカイロプラクティック同様に、医師と同等の社会的地位を持っていて、その教育施設についても非常に充実しているものとなっています。

しかし、残念ながら日本におけるオステオパシーの位置は、カイロプラクティックと同様に一民間療法という立場であり、国家資格としての法整備などは進んでいないのが現状です。
つまり、誰でもその看板を掲げる事ができてしまう事になり、施術者がオステオパシーのしっかりとした技術をどの程度もっているのかが、大きな問題となります。

オステオパシーは筋肉を中心に施術をするソフトな手技で、カイロプラクティックとよく混同されてしまう事がありますが、この二つは全くの別の手技療法であり、カイロプラクティックに比べると安全性に優れているともいわれています。

オステオパシーの基本的な概念は「筋肉の緊張を取り除く事によって、骨格が自然に矯正される」ということなのです。

カイロプラクティックは脊椎の矯正を中心に行いますが、オステオパシーの場合は「全身」の状態を考慮し、主に筋肉の調整から入るのが特徴です。

筋肉の調整で取り除けない骨格の歪みについては、直接法というカイロプラクティックのような手技矯正を行いますが、それはあくまで本当に最後の手段となります。

しかし、筋肉の調整は骨格の矯正に比べると間接的なアプローチになりますので、どうしても施術に時間がかかってしまい、治療に必要となる費用も少し高めになってしまうことがあるようです。

民間療法は病院の整形外科とは違い、治療院によって治療法も治療費用も大きく異なることがありますので、治療を受ける前に必ず事前確認をしておく必要があります。

施術者がどのような治療哲学を持っているのか、どのようなアプローチで治療に臨むのかなどを事前に把握することをお勧めします。