腰痛を抱えてしまったら

腰痛を抱えてしまったら

腰痛を抱えてしまったときには体を休めることも大切ですが、変な休み方をしてしまうと腰をさらに痛めてしまうことになります。例としてはずっといすに座って何か作業をいていたり、寝転がりながらテレビを見ていたいなどすると腰を痛めてしまう原因になることもあります。そのため気をつけたほうがよいでしょう。体を休ませることも大切ですが

普段出来ないようなことで、適度な運動になるようなことをしておく必要もあります。気分のリフレッシュにもなり、心身によい影響を与えてくれるでしょう。朝方軽い散歩に出かけてみたり、体力がある人はジョギングをしてみるのもよいかもしれません。

決して無理することなく、軽い運動を行ってみることをお勧めします。ここで無理をしてしまうとそれは腰痛の悪化につながります。仕事でいすに座っている人は休むとき極力仕事とは違う姿勢をとっていられるようにしておくことも重要です。逆に運動をすることが日常的に多い人は、体をゆっくり休ませるために、休みの時には体を動かさないことが重要になることもあるといえるでしょう。