腰痛に関係する筋肉

腰痛に関係する筋肉

人間の身体は全身が連動関係をもっており、肩の筋肉や首の筋肉、足の筋肉の緊張が発火点となって腰痛へと繋がる場合もあります。

腰痛に関わる一般的な筋肉とはどのようなものがあるでしょうか

・大腰筋
腸骨筋とセットで扱われる、腰の深部を走るインナーマッスルです。
腰椎から大腿骨に向かって伸びていて、主な役割は腰椎から股関節部位にかけての屈曲運動です。
大腰筋は2つ以上の骨をまたがり、複数の関節に関わっています。

・腸骨筋
大腰筋とセットで扱われる骨盤周辺の筋肉です。二つの筋肉を合わせて「腸腰筋」とも呼ばれています。
腸骨から大腿骨にまで伸びている、いわば下半分の筋肉で骨盤の安定や股関節の屈曲に大きな役割を果たします。

・脊柱起立筋
脊椎に沿って走る筋肉で背骨の支えるという大きな役割を果たしています。
脊柱起立筋は3つの筋肉からなる「脊柱を支える筋肉群の総称」といえ、腰を痛めてしまった人の多くはこの脊柱起立筋が緊張を起こしていることが原因となっています。

・外腹斜筋
身体を支える上で大切な役割を果たしています。
この外腹斜筋は身体が斜め方向に運動する際に活躍する筋肉ですが、現代人の多くが使う事を忘れてしまった筋肉です。
身体があらゆる方向の動き、圧力に対して柔軟に対応する為には、この外腹斜筋をしっかりと鍛える必要があるのです。

・内腹斜筋
外腹斜筋の向かい側に走っている筋肉で外腹斜筋の対立筋となります。
その役割は外腹斜筋と基本的には同じであり、「外」と「内」の斜筋がしっかりと働く事によって、斜め方向の動きや捻りに対しても、強く柔軟性に富んだ腰周りが完成します。

内腹斜筋もやはり現代社会の生活において余り使用されることがない筋肉ですが、腰痛との関連の深い筋肉ですから、しっかりとケアをする必要があります。

「外腹斜筋」「内腹斜筋」のどちらか一方を鍛えるというのではなく、どちらの筋肉もしっかり鍛えるのがベストです。