猫背・反り腰を改善する運動

猫背・反り腰を改善する運動

猫背や反り腰が腰痛に悪影響を与えることは言うまでもありません。特に反り腰は、腰に負荷がダイレクトにかかるため、腰痛には最も悪い姿勢です。猫背は、常に前のめりになるため腰に悪いうえに、内臓が圧迫され働きが鈍くなったり、呼吸が浅くなって脳に酸素が充分に供給されないといった悪影響を伴います。以下に猫背・反り腰を改善するための運動を紹介しますので、日々実行してみてください。

【猫背・反り腰に効くトレーニング】

①水の入ったペットボトルなど300~500グラム程度のものを用意してください。

②まずはペットボトルを上から交差させて持ってください。ペットボトルは必ず上から持つようにしてください。横から持つと落下しやすく、肘が横に向いてしまったり、肩が上がったり、背中が丸くなったりして効果が半減してしまいます。

③ペットボトルを持ったら、脚を肩幅位に開いて立ってください。次に肘を軽く曲げて、頭上に持ち上げてください。

④次は姿勢を保持したまま、腕を振り下ろして、肘が伸びきったところで急停止してください。この際、背筋がよく伸びた状態をつくることが大切です。

⑤この腕を頭上に上げては振り下ろす、という動作を自然に呼吸しながらテンポよく繰り返します。1セットを10回として3セット行ってください。慣れてきたら重さやセット数を増やしていってもいいでしょう。