腰痛の基本対策「保存療法」

腰痛の基本対策「保存療法」

腰痛で悩む時に整形外科を受診する人は多いと思います。
整形外科では腰痛の原因を調べ、内臓の疾患や婦人科系疾患などが疑われた場合は、それぞれの科を紹介することになりますが、筋肉や関節、骨、椎間板などに絡む腰痛と判断された場合、多くの場合で保存療法が用いられます。

腰痛治療のうち、手術を行わないで治療する方法保存療法と呼びいい、あくまでもこれが腰痛治療の基本となります。
神経症状などが出て、日常生活が困難な場合には手術が検討されます。

病院では、整形外科医がおもに手術療法と薬物療法を担当し、その指示のもとで理学療法士が装具療法や物理療法、運動療法を担当するのが一般的です。 

したがって、運動療法については医師のほうから理学療法士に対し、きちんとリハビリテーションの処方を指示してくれる病院でなければなりません。

保存療法の基本となるのが安静です。
ぎっくり腰など急性の痛みの場合はとにかく安静にしておくことが第一です。
腰に負担をかけないよう、安静な状態を保ったまま痛みがひくのを待つことになります。

医療機関では、抗炎薬や筋弛緩剤、ビタミン剤などの薬物治療が行われます。
また、コルセットなどの装具を使用します。
装具によって姿勢を固定し、 腰にかかる負担を軽減させます。
痛みを和らげることができる手軽で効果的な方法ですが、 あまり頼りすぎると筋肉が弱ってしまい、回復が遅れるというデメリットもあります。

その他、整骨院などでも行われる温熱療法や低周波療法などがあり、患部を温めることで痛みの緩和や症状の改善をはかるものですが、あくまでも急性期の痛みが治まってからの方法となります。

椎間板ヘルニアなど、痛みが激しい症状に対して、ブロック注射も有効な保存療法として使用されています。
圧迫されている神経の働きを注射でブロックすることで痛みを和らげる方法で、局所麻酔剤や抗炎症剤などが使用されます。

期間はかかりますが、こういった方法で経過を見ながら改善を目指すのが腰痛の基本対策となります。

画像検査で、骨や椎間板に異常が見つからない腰痛では、「特に異常はないので、しばらく様子をみましょう。」ということで、診察が終わる場合もあるようです

しかし、具体的にどのように過ごせば良いか、よくない癖のついた姿勢改善のためのアドバイスを受けることもあります。
その患者さんに合った生活の改善点の指摘も、保存療法の一つになります。