腰痛症とは

腰痛症とは

腰痛をともなう病気には、腰椎の変性や先天性の奇形をはじめ、外傷、炎症、心因症、内臓疾患、代謝障害、腫瘍など、数多くあります。

腰痛症はこれらの病気以外で、明らかな原因となる病気が判明せず、X線写真などでも異常がなく、筋肉の過労や姿勢の悪さなどが原因で生じたと考えられる腰の痛みのことをいいます。

この腰痛症は、軽度のもの(慢性腰痛症)と急性のもの(急性腰痛症)とに分けられますが、軽度の腰痛症(慢性腰痛症)は非常に多くの人にみられるものです。

腰痛症とは、腰痛症は病名ではなく、一つの疼痛状態であり、広範囲の腰痛が含まれているもので、それぞれの場合で痛みの原因が異なっている可能性があります。

近年、研究が進むにつれ原因を明らかにできない腰痛はしだいに少なくなっているようですが、しかし、それでもなお、原因のつかめない腰痛は10パーセント前後あるようです。

腰痛症は若い人に多く、症状は身体を動かしていないときは痛みはあまり感じることはなく、代わりに重くてだるいとか腰が張ってるとかといった症状があり、腰を動かしたり、屈伸運動などをすると痛みが出てきます。
また、下肢部分のしびれが出ることもありますが、これは座骨神経症などが腰痛と合併した場合に出てきます。

具体的にどこが痛いかは分からないことが多く、症状はそれほど重くなく、急に悪化することもありません。

原因として考えられることは、重労働やオーバーワークによる筋肉の疲労です。
筋肉が疲労し痙攣を起こすと、筋肉は収縮状態が長く続きます。そのため血行が悪くなり筋肉に栄養が充分行き渡らず、更には老廃物もたまり、筋肉が機能不全に陥ります。

人の身体が正常に動くのは、脊椎や椎間板、靱帯、軟骨、腹筋や背筋など、それぞれがバランスよく力を分散して働いているからなのですが、そのどこかが損傷や疲労などすると、それを補おうとするほかの部分に無理がきて、その結果、腰痛が起こるというわけです。

肥満の人、特に腹部の大きい人も発病しやすくなります。
また女性は生理の時などに、背骨や骨盤などのじん帯のゆるみが原因で腰痛症になることもあります。
  
【治療方法】

安静にしていると殆どの場合で治まってきますが、やむをえず安静状態が難しい場合は、腰痛ベルトやコルセットなどを装着して対処しましょう。
ストレッチや体操も効果があります。

腹筋や背筋が弱いことも原因となりますので、バランスよく腹筋や背筋等を鍛えて、腰痛になりにくい体を作ることも重要です。

コルセットも頼りすぎは筋肉の弱体化を招きますので、なるべく付けないようにして腹筋や背筋等を鍛えるようにして下さい。

柔らかすぎる寝具の習慣的な使用や、女性は長時間ハイヒールを履き続けるなども   腰痛症の原因となりますので、なるべく避けるようにしましょう。

また、心理的なものが痛みの強さを増幅させることがありますので、ストレスをためない事も重要です。