腰痛治療と整形外科

腰痛治療と整形外科

腰痛で悩んでいる時に、先ず診察に向かう所が整形外科ではないでしょうか。

整形外科は西洋医学の1診療科であり、何よりも国家資格を持った医師が診断をし、健康保険が適用される病院です。

腰痛治療で最も大切な事は「原因の絞込み」です。

整形外科では、レントゲンやCT、MRIといった客観的な画像診断ができます。
これらの画像診断は、いわば患者さん自身の身体に直接問いかけるもので、絶対に間違いがなく、「原因の絞込み」において非常に重要なファクターであり、誤診をさける上でも本当に大切なことなのです。

腰の痛みで悩んでいるのであれば、まずは迷わず整形外科に行く事です。

【整形外科で行う治療】

整形外科での腰痛治療は、一般的にはいわゆる「保存療法」が活用されています。
「保存療法」とは、鎮痛の為の薬物治療や、患部を暖める事によって筋肉を弛緩させ、血流を促進し、患部の回復を促すといった温熱療法というものです。
その他、牽引やコルセットの装着を行う場合もあります。

温熱療法は、ローリング療法や他の手技療法と非常に近いといえます。つまりは体中に栄養源である「血液」をしっかりと循環させ、血液経由の栄養補給によって身体を自律的に回復に導こうというものなのです。

また、整形外科では薬の服用等では引かない痛みを取る為の対処療法として「ブロック注射」なども行います。
更には最終手段としての「手術」という選択肢があるのも、やはり整形外科なのです。

【整形外科で取り組む手技療法】

手技療法は一般的に民間療法と考えられていますが、整形外科で取り組む手技療法に、AKA博田法というものがあります。
これは「仙骨」の歪みを整えることによって身体の調子を整えるという、カイロプラクティックやオステオパシーといった手技療法に非常に近い治療法です。