体がリラックスできる時間を作る

体がリラックスできる時間を作る

体を使っていくことは腰痛を防ぐことにも、改善していくことにも有効ですが、当然使いっぱなしでは良くないことになります。どこかで休めることは必要でしょう。休めるといっても単純に体の疲れが軽くなるものではなく、腰に負担がかからなくなるようなリラックスが必要になります。座ってばかりではあまり腰には良くないので注意が必要です。

体全体をリラックスする時間を作ると共に、腰もしっかりと休めることができる時間を作っておきましょう。お風呂などは比較的全身の疲れを取ることができ、体をリラックスさせてくれます。また十分な睡眠をとる事も大きく影響してくるでしょう。休むからと言って椅子に座って机で何かを作業するのはあまりお勧めできません。精神的なリラックスはできても腰に疲労がたまっていってしまうことはあるでしょう。

体の休息と精神的な休息をバランスよく取っていき、心身ともに健康でいられるようにしておけば、腰が痛くなることもあまりないと言えます。