腰痛の診断

腰痛の診断

腰痛で整形外科を受診した場合、まず医師は問診から診察を始めます。

問診に続いて、診察が行われますが、整形外科の診察は、視診・触診、その他様々なテストを行って、身体の問題個所や問題点の情報を集めます。

医師は患者の歩き方や立ち方、座り方をみることで、その人の痛みの度合いをある程度判断することができます。

診察はまっすぐ立てるが、また、背骨全体のラインなどは必ずチェックします。
視診によって脊椎のズレを確認します。
触診によって、腰椎の一部が前にすべって生じるくぼみの有無を確認します。

立った状態で、

1、痛い部分はどこか
2、おじぎをしたり、後ろへ反り返ったりすると痛みが出るか、またその動作がスムーズにできるか
3、背筋の後ろを軽くたたいて、叩打痛(コウダツウ)の出る部位があるのか

座った状態で、

1、神経障害のチェック・・・・脛(スネ)や脚をピンでつついて感覚の異常を見ます。
2、腱反射テスト・・・アキレス腱や膝(ヒザ)のお皿の下の膝蓋腱(シツガイケン)をゴム製のハンマーで軽くたたいて反射を見ます。
筆やはけ、もしくは指先で皮膚に軽く触れた時の感触の有無、足の左右で感じ方に違いはないか、などを調べます。
3、膝を伸ばしたり、医師が手で加える力に抵抗した力を入れて、特定の筋肉の筋力の衰えを調べ、脱力の有無をみます。

また、動脈硬化があると脚が冷えて、浮腫みが現れやすくなりますので、動脈系や静脈系に異常がある人では、血流についてもよく調べる必要があります。
このような検査で調べた「身体所見」の情報により、腰痛の部位や身体の動きによる問題、神経症状などがわかります。