動いている時の痛みと何もしてない時の痛み

動いている時の痛みと何もしてない時の痛み

腰痛でも動いている時に大きな痛みが出てくることがあります。また何もしていないのに痛みが出てくる事もあるでしょう。どちらの場合も痛みに変りはないので重要度としては同じくらい高いものがあると言えます。何もしていない時に痛みが出る場合、動いた時にも痛みが出てくることが多く、どちらかと言うとこちらの方が辛い場合が多いと言うことができるかもしれません。

ただ、動く時のみに痛みがあるというのも、動くことがつらくなってしまい、生活のなかのメリハリがなくなってしまうという、腰痛とは違う面での辛い部分が大きくあります。そのため痛みはなくしていくに越したことはないと言えます。痛みによっては広い部分に感じてしまうものもあるかもしれません。具体的にどのような部分に痛みが広がっているかは原因を探っていく上でも重要なものになっていきます。

腰痛の原因が何であれ、痛みの原因となっているものに対してはしっかりと関心を持つようにした方が良いです。