腰椎圧迫骨折

腰椎圧迫骨折

腰痛を起こす原因の一つとして圧迫骨折があります。 

圧迫骨折は,背骨(脊椎)に垂直方向の力が加わることで起こします。
紙の箱を上から押さえつけると変形する状態を想像して下さい。

骨の内部の海綿骨まで潰れると、骨の外側の変形が戻ったとしても,安静期間が短いと重力で再び潰れてしまいます。

最初はレントゲンで見ても変形がわからない程度で、1~2カ月かけて徐々に変形が進んでいきます。

腰椎圧迫骨折は外から強い力が加わって起こることもありますが、腰椎が骨粗鬆症などでもろくなっていると、しりもちをつく程度の軽微な外力で圧迫骨折が起こることもあります。

通常は若年層が腰椎圧迫骨折になることはあまりありませんが、スポーツ外傷や転落事故などにより症状が出ることもあります。
高齢者に多い骨折と云えるでしょう。

圧迫骨折がおこってから時間が経過して、固くなった状態で腰椎が安定すると圧迫骨折自体の痛みは無くなります。
ただし、姿勢が前かがみになるので背筋に常にストレスが加わり、筋・筋膜性腰痛を生じるようになります。

腰椎圧迫骨折で手術をおこなうことはまれで、基本的には安静にして保存療法で治療できる疾患です。

コルセットなどを使用しながら、個人差はありますがほとんどの場合3ヶ月程度で症状はなくなります。
しかし、椎体が潰れた状態での骨癒合となりますので、潰れた椎体が元の形に戻ることはありませんが予後は良好です。