腰痛の種類

腰痛の種類

一口に腰痛と言っても、さまざまな原因によって起こっていて、当然その原因ごとに治療方法も違います。まずは腰痛にはどんな種類があるのかを知っておきましょう。

・腰痛症
慢性の腰痛でありながら、これといった原因が見つからない場合にはこのように診断されます。日常生活の中での悪い姿勢などで腰の筋肉が疲労しているためと考えられます。

・腰椎分離症、腰椎すべり症
腰椎分離症というのは、腰椎の疲労骨折です。激しいスポーツをしている方などに起こりやすく、レントゲン撮影をすると骨折線が入っているのが確認できます。この時、分離した腰椎が前方にずれたものが腰椎すべり症です。

・坐骨神経痛
坐骨神経というのは、腰椎の下部から足に向かっているとても太い神経です。この坐骨神経のどこかが圧迫されてしまうことにより、腰やお尻の痛み、足のしびれなどが起きるのが坐骨神経痛です。椎間板ヘルニアなど、他の腰痛の1つの症状として坐骨神経痛が発症することもあります。

・梨状筋症候群
梨状筋というのは、お尻を横切るようについている筋肉です。この筋肉の異常によりそのすぐ下にある坐骨神経を圧迫してしまうことにより起こる腰痛です。臀部の打撲やスポーツによって起こります。

・腰椎椎間板ヘルニア
腰椎と腰椎の間にありクッションの役目を果たしている椎間板が、何かのきっかけで飛び出してしまうことにより周辺の神経や脊髄を圧迫してしまうものです。主な症状は腰痛と下肢の痛みやしびれですが、どの椎間板が飛び出すのかによって症状が変わります。

・椎間関節症候群
腰椎と腰椎の間の関節である椎間関節に圧力が加わることで痛みを起こしてしまう腰痛です。足の付け根やお尻などにも痛みやしびれが出ます。足やお尻にも痛みが生じてしまうのは、関連痛と呼ばれる痛みで、直接足やお尻が痛む原因はないのですが神経の錯覚により痛みが生じると考えられています。

・変形性腰椎症
椎間板内の水分が老化により失われ、クッションの役目を十分に果たせなくなります。そうすると、腰椎や椎間板が変形してしまい、周囲の神経を刺激してしまいます。

・急性腰痛症(ぎっくり腰)
重たい物を持った時や、急にからだをねじった時に腰や骨盤の金行く、靭帯、軟骨などが損傷することで起こる腰痛です。

・腰部脊柱管狭窄症
老化により脊柱管が狭くなってしまうことにより神経が圧迫されて起こる腰痛です。