中高年に起こる腰痛の主な原因「変形性腰椎症」

中高年に起こる腰痛の主な原因「変形性腰椎症」

変形性腰椎症は、まさしく腰椎が変形する疾患で、年齢を重ねれば誰にでも起こる疾患です。
変形性腰椎症は、中高年の方に起こる腰痛の主な原因となる疾患です。

脊椎(背骨)は、頸椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾椎から成っていて、腰の辺りにある腰椎は5つの骨から成っていて、椎間板・前縦靭帯・後縦靭帯・筋肉・椎間関節などでつながっています。

【原因】

変形性腰椎症は「加齢」が原因で起こる疾患です。
椎間関節、椎間板、椎骨すべてに老化現象は公平に起きてきます。

加齢などが原因で起こる脊柱の障害は、基本的にどこにでも起こるようになってくるのですが、立っているだけでも体重の60%以上もの負担がかかる腰部は、椎間板や椎骨が障害を受けやすい部位で、「腰」は最も症状が出やすいのです。

腰部脊椎症や椎間板症など、呼び名は違いますが症状は変形性腰椎症と全く同じです。

【症状 】

変形性腰椎症で代表的な症状は腰痛で、痛みが出たり、消えたり、を繰り返すタイプと、腰痛がずっと続くタイプの2つがあります。

座っている状態から立ち上がる時や、朝起きて動き出そうとした時などのように「動作の開始時」に痛みが強く出るのが特徴で、動きを続けていると症状は軽くなります。
また、腰の痛みの為に、腰椎の動かせる範囲が限られてくるようになります。

その他、腰が曲がる、下肢のしびれ・痛み、筋力低下などの症状が出てきます。

【治療】

 変形性腰椎症は、腰椎や椎間板が変形もしくは変性してしまっている病態ですから、治療をしても骨を元通りに戻すことはできません。
また、変形性腰椎症は高齢者の方に多い病態でもありますから、手術を行うことはまずありません。

治療は対症療法で、薬物療法が中心となります。
鎮痛剤として塗り薬、貼り薬を使用したり、注射や坐薬が使われることもあります。
痛みが我慢できないほど強ければ、神経ブロック注射を行うケースもあります。

痛みが出ている場合はまずは患部を固定する為に、ベルトやコルセットを装着します。

変形性腰椎症は、加齢によって腰椎や椎間板が変性してしまっていますから、病院での治療にも限界がある場合があります。
「針治療」などを試してみるのも治療法の一つと考えていいでしょう。