腰痛症の対策

腰痛症の対策

腰痛症は、腰を支える筋肉や靭帯などの慢性的な疲労から起こる腰痛で、目立った腰痛の原因は見つかりません。パソコンなどのデスクワークや、日常で悪い姿勢でいたり、同じ姿勢でずっといたりすることで慢性的に疲労が蓄積することで起こります。目立った原因が見つからないだけに明確な治療法がないのがげんじょうなのですが、日々の生活習慣を改善することで腰痛も改善することが期待できます。

普段同じ姿勢でいることが多い方は、30分から1時間ごとに意識的に休憩を取るようにしましょう。その時にストレッチなどをすると効果的です。姿勢の悪い方は、正しい姿勢を意識しましょう。また、適度な運動は血行を良くしますし、普段凝り固まっている部分の疲労を取ってくれます。その他にもかかとの高い靴をはくと腰に負担がかかってしまうのでなるべく控えましょう。足を組む時も同じ足がずっと上では体のバランスが崩れて腰に負担がかかってしまうので、時々は意識して組み替えましょう。