足を着くときに注意したいこと

足を着くときに注意したいこと

歩き方によって体全体の歪みが出てきてしまうことが多いです。歪みは関節の負担を大きくし、さらに関節の変形などを生んでしまうこともあります。そうなると改善をしていくのはなかなか時間がかかってしまうことになります。足を地面に着くときにしっかりと踵から着いていくという非常に基本的なことが積み重なることで大きな影響力を持ってくると言えるでしょう。

足を踵から地面に着いていると思っていても、実は足の内側から着いてしまっている人もいれば、逆に外側から着いてしまっている人もいます。これは非常に微々たる違いであることが多いですが、その非常に小さい違いが、年月を重ねていくことでヒザの変形などにつながっていきます。当然腰にもよくない影響を及ぼすようになるでしょう。このような変形などの改善をしていくには、微々たる変化が一番大きな力になっていきます。足をしっかりと踵から着くことを意識しておけば、改善方向に向かってくれることが多くあります。