筋・筋膜性腰痛症

筋・筋膜性腰痛症

筋膜とは身体全体に張りめぐらされている網状の白くて薄い伸縮性のある組織です。

腰背筋膜は腰から背中にかけて存在する厚く強靭な筋膜で、腰の表層を覆っているだけでなく、腰椎の棘突起間,骨盤の腸骨稜や仙骨に付着して、腰を支えている重要な筋膜です。
腰背筋膜の働きで腰をかがめる、捻るなどの動作を最小の筋収縮で行うことができるのです。

腰痛症は筋性腰痛症または筋・筋膜性腰痛といわれるものが、その多くの割合を占めています。
筋・筋膜性腰痛症は、主に腰を支える筋肉や靭帯などの慢性的な緊張や疲労が原因で起こるとされ、背骨の横にある筋肉が硬くなって張っていることが多いです。

症状は・・・
・腰が重だるい
・体を動かした時に腰が痛む
・腰に疲労感がある
というようなもので、安静にすると症状は軽減します。

腰背筋膜は腰部全体を覆っているので、骨盤の両脇から、仙骨、背部にいたるまで痛みの出る部位も様々です.

筋肉が損傷し、炎症を起こした場合は「ズキン」とか「ビリッ」という鋭い痛みを伴います。(ぎっくり腰にみられる)

筋・筋膜性腰痛症は筋疲労や姿勢の悪さが原因となります。
また、椎間板変性や変形性脊椎症、腰椎分離・すべり症、骨粗しょう症などの原疾患が基盤にあり,二次的に筋・筋膜性腰痛症を起こしている例も少なくありません。

筋・筋膜性腰痛症の上記の症状以外に、足のしびれや筋力低下、坐骨神経痛などの症状があれば、腰椎椎間板ヘルニアや分離症を疑って、レントゲン検査やMRI検査などを行います。

筋・筋膜性腰痛症であれば、治療はリハビリや薬物療法が主体となります。

急性期(発症~1週)の治療
・安静(痛みの少ない楽な姿勢で)
・痛み止めや筋弛緩薬などの飲み薬、湿布、塗り薬の使用
・腰椎ベルト、コルセットなどの外固定(腹圧を高めて筋肉自体の安静)
・注射療法(痛みの程度、部位により医師が判断)

回復期(1週~2週)から治癒期(2週以降)の治療
この時期には再発の恐れが残っていますので注意しなければなりません。
再発を起こさず痛みをより軽減し、日常生活を制限無く出来るようにする事を目標とします。
・腰痛体操などのストレッチを中心にした筋力増強訓練
・牽引、電気治療、温熱療法、マッサージなどの物理療法
などのリハビリを行い、「日常生活上における注意点」の指導を受ける。