腰痛の原因となる腰椎椎間関節症とは

腰痛の原因となる腰椎椎間関節症とは

腰椎椎間関節症とは、椎間関節の痛みを生じ腰痛の原因を作る病気です。
腰椎椎間関節は腰椎後方の左右に一対存在し,前方の椎間板の動きを安定・制御する働きをしています。

椎間関節部では運動負荷の大きいため加齢による変性がおこりやすくなり、中高年に多い慢性腰痛の原因もつくります。

腰を曲げると椎間板を「てこ」の支点として椎間関節は拡大します。
その為、過大な力が加わると関節包が引き伸ばされ、痛みの原因となります。
逆に腰を無理に伸ばそうとしたり、捻ったりすると関節包の滑膜を挟み込んで、滑膜炎を起こし痛みを生じます.

また、「日常生活での姿勢の悪さで椎間関節に負担がかかり、椎間関節を痛めてしまう場合」にも痛みを発症します。
特に先天的に腰椎が後ろに反っている人は、椎間関節に負担がかかり腰痛を発症しやすくなります。
この椎間関節をつくる関節包や関節軟骨部には、多くの知覚神経があるため椎間関節に炎症性変化が起きると、これらの知覚神経を刺激して腰の痛みを発生させるのです。

重労働や加齢現象などで、炎症を何回も繰り返していくうち関節周辺に瘢痕組織が形成されて、レントゲンで確認できるほど腰椎椎間関節が変形をきたしている場合もあり、これが慢性腰痛の原因となります.

慢性化した椎間関節症になると、痛みの防衛反応として腰部の筋肉も緊張し、血液循環が障害され酸素が欠乏し、疲労物質を蓄積します。
これらにより、筋肉の緊張を助長するという悪循環が起こってしまいます。

急性椎間関節症は所謂ギックリ腰で主症状は、ぎっくり腰と同様、腰から殿部にかけての痛みとなり、下肢のしびれや神経痛,筋力低下を伴うことはまれです。

腰椎椎間関節症の診断は、患部を圧迫した時の痛みの反応やレントゲン、MRIなどで診断します。
治療は初期の安静、薬物療法などの保存療法が主体となります。
痛みが強くなかなかおさまらない場合は,椎間関節に局所麻酔薬やステロイド剤を注射する,椎間関節ブロックを行うこともあります。