腰椎分離症

腰椎分離症

腰痛の原因の1つに、腰椎分離症というものがあります。腰椎分離症というのは、以前は先天的な骨の弱さが原因だと考えられていたのですが、今は腰の疲労骨折だと考えられています。また、特に10代のスポーツをやっている方に多く見られます。症状の特徴は、腰を後ろへ反らせることで腰痛を感じ、また、長時間立っているのも腰が辛くなるようです。しかし、疲労骨折であるにもかかわらず自覚症状がない場合もあり、普通に運動できる方もいます。

腰椎分離症は、レントゲンやCTなどで発見されます。発見が早ければ早いほど完治の可能性は高く、コルセットをして安静にしていることで完治も望めます。しかし、発見が遅れた場合などはどうしても骨がくっつきにくくなってしまうため、自然に完治するのは難しいかもしれません。その場合、腰痛の症状が比較的軽ければ、腰を支える筋肉を鍛えることにより腰痛の改善が期待できるでしょう。症状が出ていなければ、腰椎分離症というのは気にする必要はありません。プロスポーツ選手の中にも腰椎分離症でありながら自覚症状が何もないという方もします。しかし、そういったトレーニングが困難なほど症状が重ければ、手術というのも視野にいれなければいけません。