坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経とは、末梢神経の中で一番太く長い神経で、お尻の裏側から足先まで、比較的皮膚の表面近くを通っています。この坐骨神経が何らかの原因で圧迫されることにより、お尻から足先にかけてのしびれや鈍痛が発生します。椎間板ヘルニアに似た症状といえます。この坐骨神経痛というのは、あくまで坐骨神経が圧迫されているという症状を表す症状名であって、病名ではありません。病名は、この坐骨神経を圧迫している原因によります。

坐骨神経痛の原因には、椎間板ヘルニア、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症、腰椎分離症・すべり症、背骨付近の腫瘍などが挙げられます。最も多い原因は椎間板ヘルニアで、その症状は、急性であり、片側にしびれや痛みが出ること、また、仰向けに寝た状態で足を上げると症状が強く出るというのが特徴です。次に多いのが梨状筋症候群ですが、この場合は症状は少しずつひどくなっていき、仰向けで足を上げたからといって症状が強くなることはありません。

坐骨神経痛の治療は、その原因によって異なります。しかし、基本的なところでは安静が大切なのは言うまでもありません。症状を緩和するためにはコルセットも有効です。その他は原因によって薬物療法や、痛み止めによる症状の緩和、手術などの手段が取られます。