子供の腰痛

子供の腰痛

腰痛は現代における国民病と云われているように、腰痛で悩むのは大人ばかりではありません。
意外と知られていないのが子供の腰痛です。

腰痛が現代病の一つに挙げられるように、子供にとっても腰痛を引き起こしやすい環境の中で暮らしています。

最近は、生活環境の変化(悪化?)で子供の姿勢も悪くなってきています。

帰宅後の長時間のテレビゲームなどは、姿勢が悪くなる大きな要因となっています。
体罰に敏感なことからしつけが徹底されず、だらしのない姿勢ですごすことが当たり前のようになっています。

子供は骨も筋肉も成長過程ですので、姿勢の悪い状態が続けば体全体が歪みます。
そこから腰に負担がかかり、腰痛へと発展してしまうのです。

また、長時間のテレビゲームや、学校から帰ったら即塾通いなどで、外で遊ぶ子供も少なくなりました。
これは運動不足にもつながり、骨と筋力の低下を招き腰痛を引き起こしやすい原因となります。
昔の子供たちは暗くなるまで外で遊び、走り回る事で自然と元気な体を作っていたのです。

しかし、逆に激しいスポーツを継続して行うと腰痛を起こしやすいとも言われています。
特に小学生低学年など体が未熟な時期に激しいスポーツを行うと、腰に負担がかかりやすくなり、疲労骨折といわれる脊椎分離症を起こしてしまいます。

この症状は、そのままにしておくと大人になってから悪化することが多く、早めの治療が必要となります。
痛みがない事から放置されやすいため、小学生低学年で激しいスポーツを行っている場合、は定期的にレントゲン写真を撮って疲労骨折の有無を調べることをお勧めします。
この年代では高い確率で骨癒合が可能です。

子供の症状によって腰痛の治療法は様々ですので、まずは専門家に診てもらうことをお勧めします。
遊びもスポーツも、適度に無理をしないで行うことが、元気な腰痛知らずの体を作り子供がすくすく育つ糧となるのです。