腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎とは、背骨を構成する1つ1つの骨です。そして、腰椎同士の間には、クッションの役割を果たす椎間板が入っています。この椎間板が本来あるべき場所から飛び出してしまうことを腰椎椎間板ヘルニアといいます。ヘルニアというのは、臓器の一部が本来あるべき腔から逸脱した状態を指します。そのため、ヘルニア自体は腰椎椎間板に限らず、さまざまな場所で起こります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状は、飛び出したヘルニアが神経などを圧迫することによって引き起こされます。代表的な症状は片側の下肢の痛み、臀部から足にかけて激痛が発生することが多くあります。ヘルニアが巨大になると、片側だけでなく両側に出ることがあります。また、坐骨神経も圧迫されることにより、坐骨神経痛が発生することもよくあります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因には、次のようなものが挙げられます。
・日常生活での動作
中腰で重い物を持って運んだり、腰をひねる運動の繰り返し(ゴルフやテニスなど)、長時間の座り仕事や運転などの動作

・椎間板の老化
椎間板は、20歳を過ぎると弾性が徐々に失われていきます。そこでなんらかの衝撃が加わると椎間板が飛び出してしまいます。

・骨の老化
カルシウム不足や加齢による骨の老化によりちょっとした衝撃で骨がかけて椎間板を圧迫してしまうことがあります。

・姿勢の悪さが引き金となる背骨のゆがみ
姿勢が悪いと背骨や骨盤がずれやすくなります。背骨が歪むことで椎間板を圧迫してしまいます。

腰椎椎間板ヘルニアの治療は、手術が必要な場合を除き、保存療法が取られます。まずはコルセットで固定して安静にします。痛みが強ければ痛み止めなども使います。症状が改善してくれば、温熱療法やストレッチなどを行ってさらに症状を改善させます。手術が必要なのは、保存療法で効果が見られなかった場合や、早期の症状の改善を狙う場合です。