脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは、脊柱管が何らかの原因で狭まると中を通る神経と血管が圧迫された状態になり、神経に酸素や栄養が行き渡らなくなり、脚のしびれや痛みを引き起こす病気です。

若年から高齢まであらゆる年代において発症する可能性がありますが、50~70歳代までの人に多く発症する傾向があります。高齢社会の到来に伴い腰痛疾患の中でも、腰部の脊柱管狭窄症の病状に苦しむ人は増加傾向にあります。椎間板ヘルニアと共に腰痛の二大疾患となるものですが、椎間板ヘルニアとの相違点は、加齢と共に発症する人が増加し病状も進行する傾向があることです。

脊柱管狭窄症は、重要な神経の入ったトンネルが何らかの異常により狭くなる怖い病状です。脊柱管が狭くなると、体の隅々まで行く神経の元の部分に障害が起きて、痛みやしびれが伴い体の動きにも支障が出てきます。

脊柱が狭くなり神経を障害する原因としては、背骨を構成する骨、関節、背骨を支える靭帯の変性、椎間板の膨張、変性が挙げられます。長期間に渡り腰部に負担が掛かったり、老化してしまった場合に変性などは生じやすいのです。

脊柱が狭くならないように、普段から気をつけるようにしてください。腰部に負担が掛かり続けないように、疲れを感じたときは休息をとるようにしてください。老化を早めないためには、運動をしたり、歩いたりするようにしましょう。