足の痛みが腰痛に繋がる

足の痛みが腰痛に繋がる

足の痛みを抱えてしまうとどうしてもその痛みをかばうような動作が大きくなってきます。これは予想以上に体に大きな負担をかけてしまうことになり、不自然な形を作っていってしまうことになります。当然それらの要素は腰にも現れてくることになります。腰への負担が増えていくと今度はより大きな動作でカバーをしていこうとしていきます。特にヒザなどに負担が大きくなっていくようになります。そうなってしまうと改善していくことが難しく、また長期的な治療が必要になってしまいます。

足の痛みだけで済む段階でしっかりと足の治療をしておくことが重要になってきます。足の治療だけであれば一時的に不便な生活になるだけで済むようになり、しっかりと完治させてしまえば後に響くこともなくなっていきます。足などを痛めやすい人はしっかりと対策を考えておかないと、痛めてしまう動作がクセになってしまうこともあり、非常に厄介なものになってしまうこともあります。