腰痛と椅子の関係

腰痛と椅子の関係

椅子の形や、椅子の座り方が悪いと腰痛になってしまうことがあります。基本的に椅子に座っている姿勢というのは、上半身の重さを腰や骨盤で受け止めなければいけないため、どうしても腰や骨盤に負担がかかってしまうのです。背筋を伸ばすと腰痛に良いと一般的に言われていますが、これは実は正しくありません。正しくは、骨盤を立てることが腰痛に良いのです。骨盤を立てると自然と背筋も伸びますので、このような誤解が広まってしまったのでしょう。

椅子に座るとどうしても骨盤が寝てしまいがちになってしまうのですが、それではどうすれば骨盤を立てることができるのかというと、座面が前掲している椅子を使うのが一番簡単です。このことはなかなかイメージしづらいかもしれませんが、逆に、後傾している椅子に座ってしまうと、背中が丸まってしまうというのはイメージしやすいのではないでしょうか。また、その際にお尻ではなく太ももで椅子に座るイメージを持つと、さらに骨盤が立ちやすくなります。