ウォーキングの効果

ウォーキングの効果

ウォーキングは腰痛の予防や改善に効果的です。しかし、気を付けなければいけないのは、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどの安静が必要とされる腰痛の場合には逆効果なのは言うまでもありません。血行不良や筋力不足が原因の慢性的な腰痛に対して効果があるのです。

ウォーキングがどのように腰痛を改善させるのかというと、まずは血行の改善です。ウォーキングで主に使う筋肉は下半身ですが、中でもふくらはぎは第二の心臓とも言われるくらい血液循環に重要な役割を担っています。このふくらはぎが十分に使われることで、全身の隅々にまで新鮮な血液が行き渡り、疲労の改善に効果があります。これは、腰の周囲の筋肉に対しても同様です。さらには、正しい姿勢でウォーキングを行うことで、腹筋、背筋に大きな負担をかけることなく鍛えられます。

ウォーキングは体に大きな負担をかけることがないのがメリットですが、それでもいきなり長時間のウォーキングは良くありません。ウォーキングで疲労しすぎてしまえば腰痛は改善しませんし、疲労して正しい姿勢が維持できない中でウォーキングを続けてしまうと、腰痛がますます悪化してしまうかもしれません。