お灸で腰痛改善

お灸で腰痛改善

お灸には腰痛を予防、改善する効果があります。お灸というのは、もともとは中国で生まれ、5~6世紀ごろに日本に伝わりました。もぐさをツボの上におき、もぐさに火をつけてそのツボを刺激します。お灸は血行を改善し、老廃物の排出を促進させてくれます。体温が上がることで、人間がもともと持っている免疫力、回復力を高めてくれます。急性の腰痛の際には、血行の改善というのは悪影響になってしまうので良くありませんが、慢性の腰痛や坐骨神経痛、変形性腰痛症などの腰痛には効果が期待できます。

しかし、お灸には効きやすい体質の方と効きにくい体質の方がいます。というのは、血行の改善や体温の上昇がお灸の直接的な効果ですので、もともと代謝や血行が良くて体温の高い方の場合には効果が実感できないということもあるかもしれません。代謝が悪く、体が冷えやすい方ほどお灸の効果があるでしょう。ただし、腰痛には内科系の病気が原因となっている場合もあります。その場合には腰ではなく、別の部分からアプローチしなければ腰痛が改善しないかもしれません。とはいえ、その治療にもお灸は役立つでしょうから、まずはきちんと腰痛の原因を調べるようにしましょう。