女性の腰痛と不妊症

女性の腰痛と不妊症

女性特有の腰痛の原因には婦人科の疾患が原因の場合があり、不妊症の原因と腰痛とが関係している場合があります。

腰痛は、骨盤の歪みや、脚・腰の筋肉の衰えが主な原因で起こるとされているのですが、 実は、骨盤の歪みや、足腰の衰えが自律神経の働きにも悪影響を与えて、体調を悪くしていきます。

つまり、骨盤が正常で足腰の衰えがなければ、健康体で過ごせることが多いという事になり、これと不妊症が関係している場合もあるわけです。

骨盤が歪んでいると、体内の血液循環が悪くなり、筋肉や靭帯の新陳代謝も悪くなり、不快な痛み(腰痛)を発することがあります。
そのような状況においては、女性ホルモンの分泌が悪くなり、妊娠しにくい体になることもあるのです

また、腰痛の原因になる婦人科疾患には、子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣脳腫などがあります。

・子宮内膜症
子宮内にしか存在しないはずの子宮内膜の組織が、子宮ではない別の場所で増殖し、月経時に出血し、体内に血液が溜まってしまう病気。

・子宮筋腫
子宮に腫瘍ができる病気。

・卵巣脳腫
卵巣に分泌物が溜まってしまう病気。

このような疾患は腰痛や月経困難を招きます。
他にも不正出血やおりものの増加、月経時以外でも下腹部の痛み、便秘や排泄痛などの症状があり、不妊症の原因にもなります。

段々と月経痛がひどくなり、じっとしていても腰痛や下腹痛があるようなら、このような疾患を患っている可能性があります。

このような症状を甘く見ていると重症になりかねませんので、なるべく早く治療を受けて下さい。

これらの婦人科の現象が起きる遠因に、骨盤の歪みと、足腰の筋肉の衰えが関係している場合があるということです。

全ての不妊症のケースに当てはまるわけではないのですが、原因の一つとして考えられていますので、不妊で悩んでいる方はご自分の生活状況などを今一度再確認してみても良いと思われます。