体の筋肉を鍛える時

体の筋肉を鍛える時

過剰な負荷になってしまうと筋肉は傷んでしまいますが、負荷がないと筋肉を鍛えることができません。道具などを用意するのも良いですが一番の筋トレのための道具は自分自身です。自分自身の重さを利用して筋力トレーニングをしていくのが実はかなり大きな効果をもっていることになります。腕立てなどはまさにその代表的な例と言えます。しかし腕立ての場合、なれてきてしまうと回数を重ねるだけになってしまう場合も多く、負荷が軽すぎてしまうことになってしまいます。そのため腕立てであっても上手く体の重さを利用することができるやり方で行なっていくことが大切です。

回数以上に質を重視していった方が筋力はついていくことになります。質を重視していくと非常に辛い運動になることもあり、短時間で効率の良い筋力トレーニングになることもあります。時間がない人や寝る前にやってしまうということもできます。適度に汗をかくことができる運動は適度に体を鍛えていくことにもなります。