飲酒と腰痛の関係

飲酒と腰痛の関係

お酒の飲みすぎが腰痛にも悪影響を及ぼしているといわれています。
この腰痛はお酒を飲むことによって起こる膵臓(すいぞう)のトラブルが原因とされています。

膵臓は膵液(すいえき)を分泌し、体内に入ってきた食べ物の中のたんぱく質・脂肪・炭水化物を分解して体に栄養を吸収させる役割をもっています。
人の体は、大量のお酒を飲むことにより膵液を分泌する通り道が炎症を起こしやすくなり膵液が膵臓の中にたまりやすくなります。

また、アルコールに含まれている成分が症状を加速させ、これらが原因で腰痛が起こることがあるのです。

膵臓が要因の腰痛は膵炎と呼ばれ、腰だけでなく背中や腹部にまでと幅広く痛みを感じることが多いようです。

膵炎には、慢性と急性があり、軽度の急性の痛みの場合は治療で回復も早くなりますが、してきます。
しかし、慢性の場合はゆっくりと膵臓の細胞が壊れていくために痛みも軽く、症状が分かりにくいということがあり、治療の機会が見過ごされるため治りにくくなってしまいます。
この症状が悪化すると糖尿病を併発することもありますので、注意が必要です。

膵液の分泌が多くなると胃酸も活発に出るようになりますので、食べ物も胃に負担をかけやすい油もの、香辛料の摂りすぎなども禁物です。

また、多量の飲酒は体内に活性酸素を増加させ、身体に緊張感を与えます。
腰痛は筋肉など身体が緊張しているとより強く感じてしまいますので、飲酒によって腰痛が強くなるのです。

これらお酒が原因の腰痛は、特に若い男性が発症しやすいといわれており、腰痛以外の痛みも発症しますので、背中や腹部にも痛みを感じたら医療機関を受診することをお勧めします。

お酒による腰痛であると判断された場合には、やはり酒の量を減らすことや、禁酒を勧められます。

きちんとした食生活や、適度の飲酒ができているかどうか、今一度見直してみてはいかがでしょうか。