男性の腰痛

男性の腰痛

男性は女性に比べ筋量が多いため、腰痛になる可能性は低いと言われていますが、男性で腰痛に悩まれている方も多いと思います。
現代病といわれている腰痛ですが、男性の場合は職業病としても起こりやすくなり、肉体労働が主な仕事の場合は、特に腰を痛めやすくなります。

また現代社会はパソコンでの仕事が多くなり、長時間同じ姿勢で机の前に座り続けることにより腰に負担がかかり、腰痛が悪化したビジネスマンも少なくないようです。

職業病の場合、仕事の仕方や環境そのものを変えない限り常に腰痛になる危険性があります。
姿勢を意識して猫背にならないように、また、できる限り休息をとって柔らかく身体を動かしてみることが大切です。

肉体労働に従事している方は、腰に負担のかからない作業の工夫や腰痛予防のベルトやコルセットの着用をすることで予防効果があります。

また男性には喫煙者が多く、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があり、椎間板への栄養補給は不十分なものとなり、椎間板の変性を招き、腰痛の原因となります。この場合は、禁煙するのが一番効果的です。

いわゆる「メタボ体系」の多い中高年男性は、体重を支える腰椎の負担が大きくなり、腰痛を招く危険性がありますので要注意です。
また生活習慣病を発症する危険性もありますので、食生活の見直しや適度な運動などで減量に努めましょう。

長期間にわたって重い腰痛が続く場合は、他の病気が潜んでいることもありますので、自己判断せずに専門家に診てもらわなければなりません。