腰痛治療の為の接骨院

腰痛治療の為の接骨院

腰痛治療の為に接骨院に通っている方も多いと思います。

接骨は柔道から生まれた日本古来の伝統療法で、整骨・ほねつぎなどといわれることもありますが、柔道整復師法に基づく正式な名称は「柔道整復師施術所」なのです。

接骨とは、関節や骨などの運動諸器官の整復を医療行為なしで行う治療法です。
接骨院を開業するには、国家資格である「柔道整復師」の取得が必要で、専門の知識を持った施術者が治療を行わなければなりません。

接骨院は利用していない人からするとあまり馴染みがなく、どんな治療をしているのだろうかと少し興味のあるところです。

スポーツ選手などが良く利用することで有名な接骨院もありますし、交通事故などでの後遺障害で悩む方も接骨院で治療を受けている方も多いようです。

勿論、慢性の腰痛で悩んでいる方や、急性のぎっくり腰などでは接骨院での治療を選択する事もよくあります。

接骨院だけでも治療法はいくつかあり、良く知られているのが直接患部に働きかける手技治療です。
また、機械を使用した電気治療も行っており、筋肉のこりをほぐして腰痛を軽減します。

特に接骨院での独特な治療法はテーピング治療で、テーピングによって患部を保護し腰の痛みを和らげていきます。
スポーツ傷害の治療を受けている人のよくみられます。

接骨院は基本的に骨の矯正は行いませんが、整体の勉強をして両方の手法を取り入れている接骨院も増えてきています。

接骨院は治療によっては健康保険(療養費)や自賠責保険、労災保険が適用される場合がありますので、治療院に治療内容と保険の適用の有無を確認する事も大切です。

また接骨院においては、医療行為は禁止されていますので、レントゲン検査などは行いません。
医療機関でレントゲン検査後に接骨院で治療を受ける方も多いようです。

接骨院によっては治療技術に大きな差があるといわれています。
経験者の評判等も参考に、信頼出来る接骨院を見つけることも大切なポイントです。